【最新版】グーグルアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法(スマホ編/iPhone・Android対応)

コスケ
この記事ではスマホを使って確認している時にグーグルアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法を解説してるよ。

スマホで自分のサイトを見た時にグーグルアナリティクが自分のアクセスをカウントしてしまい困っている人って結構いらっしゃると思います。

自分自身をカウントしてしまうとアナリティクスの数字が正確ではなくなりますよね。

かといって自分のサイトをスマホで確認しないのはスマホファースト時代にはありえないですし・・・

そこで今回は簡単に自分のアクセスをグーグルアナリティクスから除外する方法をお伝えします(^^)

もちろんiPhone・Andoroidの両方に対応できるようにします。

難しくないので5分以内で簡単に設定できますよ。

※PCでアクセスを除外する方法は下の記事で紹介してます。困っている方参考にしてみてね!

【最新版】グーグルアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法(PC編)

2018年9月4日

スマホで自分のアクセスをグーグルアナリティクスから除外するには

スマホで自分のアクセスをグーグルアナリティクスから除外するには色々な方法があります。

ですが、現在(2018年)は今から説明する方法が1番簡単で確実ですのでぜひやってみて下さい。

では説明していきます(^^)

スマホにはざっくり分けると2種類ありますよね。

 「Andoroid」  「iPhone」 の2種類です。

スマホで自分のアクセスをグーグルアナリティクスから除外する方法は

「Andoroid」と「iPhone」では違う方法を取る必要があります。

残念ながら同じ方法で両方は除外出来ないのでご自分の持っているスマホの端末にあった方法を下から選んで設定してみて下さい。

ではまずは「Andoroid(アンドロイド)」での方法から説明します。

スポンサーリンク

  Andoroidで自分のアクセスをグーグルアナリティクスから除外する方法

Andoroidでの設定の詳細を簡単に説明すると今までChromeなどのウェブブラウザアプリを使っていたと思います。

ですがこれからは自分のサイトを見る時は「Sleipnir Mobile」というブラウザを使うという方法です。

「Sleipnir Mobile」はアナリティクスを除外出来るプラグインをダウンロードできるのでそれを追加してあげます。

 

では「Andoroid(アンドロイド)」をお使いの方は以下の設定を順番通りにやって下さいね。

私はiPhoneユーザーなので画像を見せながら説明出来ずに申し訳ございません・・・

まずは「Sleipnir Mobile」というウェブブラウザをダウンロードします。

 

Sleipnir Mobile - ウェブブラウザ

Sleipnir Mobile – ウェブブラウザ

Fenrir Inc.posted withアプリーチ

↑こちらからダウンロードして下さい。

 

ダウンロードが終わりましたらアプリを起動します。

 

アプリが開いたら画面右上の「メニュー」をタップして、次に「エクステンション」をタップします。

 

 

するとエクステンションの管理という画面になります。

そこで「エクステンションを入手する」をタップします。

今やっている作業は「Sleipnir Mobile」に追加機能をプラスしています。

すると下の画面が現れるので「Googleアナリティクス オプトアウト」を探します。

 

 

みつかりましたら「インストール」をタップしてインストールを完了してください。

これでAndoroid(アンドロイド)での設定は完了です。簡単ですよね(^^)

今後は自分のサイトを確認する時はこちらの「Sleipnir Mobile」を使ってください。

それでは自分のアクセスが除外されているか確認をしてみましょう!

確認の方法はこの記事の最後に説明しますね。

 

iPhoneで自分のアクセスをグーグルアナリティクスから除外する方法

続いては「iPhone」での自分のアクセスをグーグルアナリティクスから除外する方法を説明します。

先程「Andoroid」のところで説明した「Sleipnir Mobile」ですが実は「iPhone」のiosでもダウンロード出来ます。ですがios版では機能が限られていて「Googleアナリティクス オプトアウト」を導入出来ないのです。残念・・・

そこで別の方法を取りたいと思います。

「iPhone」では「Safari」というブラウザを使ってグーグルアナリティクスから自分のアクセスを除外できます。「Safari」「iPhone」を持っている方であれば標準で入っているウェブブラウザですのでお使いのホーム画面にあると思います。

その「Safari」「AdFilter」というアプリを付け加えてアナリティクに自分のアクセスを除外させます。

 

AdFilter - Safariを快適にする広告ブロックアプリ

AdFilter – Safariを快適にする広告ブロックアプリ

Shinichiro Yamazaki無料posted withアプリーチ

↑まずはこちらからダウンロードして下さい。

 

 

上図のような画面が現れると思いますのでダウンロードして下さい。

ダウンロードが終わりましたら、

 

 

ホーム画面に戻ります。次に「設定」をタップします。

 

 

下にスクロールしていくと「Safari」という項目があるのでタップします。

 

 

「一般」という項目の中に「コンテンツブロッカー」があるのでタップします。

 

 

先程インストールした「AdFilter」という項目があると思いますので「ON状態」にします。

次にホーム画面に戻ります。

 

 

ホーム画面で先程インストールした「AdFilter」を探してタップしてアプリを開きます。

 

 

上図のように①「高度なブロック」をタップして、②「Googleアナリティクス」ON状態にします。

 

 

次に①「サイト別設定」をタップして、右上の「+」をタップします。

 

 

上図のように①に自分のアクセスを除外したサイトのURLを入力して、②「アクセス解析ブロック」をON状態にし、③画面右上の保存をタップします。

以上で「iPhone」での設定は終了です(^^)

今後「iPhone」で自分のサイトを確認する時は「Safari」を使っていきましょう。

 

スポンサーリンク

自分のアクセスがグーグルアナリティクスから除外されているか?確認方法

「Andoroid(アンドロイド)」ユーザーはスマホで「Sleipnir Mobile」を開きます。

「iPhone」ユーザーはスマホで「Safari」を開きます。

それぞれのブラウザで今回設定した自分のサイトを開いて下さい。

次にGoogleアナリティクスにログインします。ホーム画面を確認します。

 

 

上図のように自分がアクセスしているにもかかわらず「0」が表示されているということは自分のアクセスは除外されているということになります。成功です!(^^)

 

 

上図のように「0」以外の数字が現れている時は疑ってきちんと調べる必要があります。

しかし、この方法は「まだ立ち上げたばかりのサイト」などアクセスがあまり無いサイトでの調査方法です。

すでにまとまったアクセスがある場合は自分しか「アクセス出来ないサイト(パスワード付き)」を作って確認してみるといいと思います。

以上、スマホでの自分のアクセスを除外する方法でした!

PCで除外する方法は下記の記事にて紹介しているのでぜひ気になる方は確認して見て下さい

【最新版】グーグルアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法(PC編)

2018年9月4日
コスケ
それではまたね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください