【2019年版】リファラースパム対策!Googleアナリティクスの設定方法

コスケ
こんにちは。コスケです。

このブログは2018年8月からスタートしました。この記事を書いている時点でまだ1か月も経っていません。

記事の数は17記事程。当然、見に来て下さる方(アクセス数)も1日0〜5ユーザーほどをウロウロしています。

しかし、8/17日に急にアクセス数が伸びました!特に何をしたわけでもなく突然だったのでビックリしました!

Googleアナリティクスの数字が何か変だぞ!?

コスケ
もしかして何かの記事がバズったのかも!!やった〜!初バズだ〜(^^)

と思ってGoogleアナリティクスを詳しく見ていくと・・・

え!ブラジルから!?なんでブラジルから急にアクセスが???さらに色々見ていると・・・

私のサイトにはないページに大量のアクセスが!?うん?どういうこと??

コスケ
そもそもなんで私のGoogleアナリティクスに知らないURLが表示されているんだ??

Googleアナリティクスにそんなに詳しくない私でもこれは何か変だぞ!と思い詳しく調べてみました。

すると リファラースパム というものがあるらしい・・・。

スポンサーリンク

リファラースパムって何?目的は?

リファラースパムの目的がよくわからなかったのでいったいどういったスパムなのか調べてみました。

ざっくりと説明すると・・・

GoogleアナリティクスのトラッキングIDを悪用して、アクセス記録をアナリティクスに直接記録するスパムとのこと。そしてGoogleアナリティクスに直接記録するということは私のサイトには一切訪れていないということのようです。

そこで疑問が・・・?一体何のためにこんなことをしているのか?

結局はGoogleアナリティクスの正確性が狂うだけで、お金を取られるわけでもないし・・・

コスケ
リファラースパムをしている人に何かメリットはあるのか?

色々調べてみるとメリットはあったのです・・・!それは・・・

 Googleアナリティクスを見た人が見慣れないURLからアクセスがあるのでついついクリックして確認しようとします。   するとそのサイトが開き様々な悪さをするという仕組みのようです。 
  • 他のスパムを送りこんだり。
  • そのサイトのアクセスを水増しする。(クライアントを騙すSEO業者がやりそう・・・)
  • アドセンス目的のアクセス稼ぎ。

などができそうです。怖い・・・。でも犯人、頭良い・・・。

さぁ目的はわかったので対処方法を考えましょう。

リファラースパムなのか判定する方法

まず、そのアクセスがリファラースパムなのか判定する必要があります。

「集客」「参照サイト」を開きます。

「セカンダリディメンション」「行動」ー「ホスト名」をクリックします。

すると上図の黄色い箇所が表示されます。基本的にここは自分のサイトのURLが表示されるはずですが下の2つがまったく知らないURLが表示されています。

これで リファラースパム確定 です。

リファラースパムと分かればこのURLにアクセスしなければいいだけなのですが、アクセス解析の数字が正確な数字では無くなってしまいます。それは嫌ですよね。

なので対策を施していきたいと思います。

スポンサーリンク

リファラースパムの対策方法

リファラースパムと確定したら、今後リファラースパムが来ないように対策をします。

対策方法は2種類あります。

  1. ボットのフィルタリングをONにする。
  2. フィルタ機能を使って対策する。

この2種類なのですが簡単なので両方とも行いましょう。

まずは①の「ボットのフィルタリング」の設定方法を説明します。

ボットのフィルタリングをONにしてリファラースパム対策をする

上図と順番で設定していくだけです。簡単ですよね。

これでgoogleにボットとして登録されているものはすべて自動で除外してくれます。

つづいて②の「フィルタ機能を使って対策する。」の設定方法です。

スポンサーリンク

フィルタ機能を使ってリファラースパム対策をする

リファラースパムの判定方法で「ホスト名」を確認して自サイトのURLでないものがスパムだとお伝えしました。それを利用します。

 「ホスト名」が自サイトのURLのもだけを許可する という方法です。これでそれ以外のものはリファラースパムということで排除できます。

まずはGoogleアナリティクスで上図の順番で操作してこの画面を開きます。

そして下図を参考に入力して下さい。

これで「ホスト名」が私のサイトのURLのみを記録するという設定ができました。

裏を返せばそれ以外は記録しないということなのでリファラースパム対策になります。

簡単な設定で対策できるのですぐに行いましょう(^^)

翌日以降は正確に記録されています!良かった!

でもここで疑問が湧きました。

コスケ
一度でもリファラースパムがGoogleアナリティクスに記録されてしまうとそれは記録としてずっと残るの?

それってなんか嫌ですよね・・・。

過去の記録されたリファラースパムを消す方法

過去の記録されたリファラースパムの記録を削除して正確な記録に戻したいと思ったので色々と調べてみました。

しかし、現在Googleアナリティクスでは一度記録されたデータを一部削除するということは出来ないようです。残念です。(どなたか知っている方がいらっしゃたら教えていただけると嬉しいです。)

そこでGoogleアナリティクスの 「セグメント機能」 を使って対策を行います。

この方法はリファラースパムだけ除外したデータを表示する方法です。これで正確な数字を表示することが出来ます。

それでは設定方法の説明です。

上図の順番で進めて下さい。次に、

上図を参考に設定してみて下さい。

 「ホスト名」が自分のサイトのURLの場合のみアナリティクスに表示する という設定です。

過去のリファラースパムのデータはアナリティクス内に残っているのですが、この設定をすると表示する時はリファラースパムを除外したデータを見ることができます。

設定前は下画像のようになっていましたが、

設定すると下画像のようにリファラースパムを除外したデータを見ることができます。

さらに「すべてのユーザー」というところを消すとリファラースパムを除外したデータのみ表示されます。試してみて下さい。

以上で設定は終了です。

過去のデータもきれいな状態で正確なデータを知りたいという人はやってみて下さいね(^^)

それにしてもアクセスが少なすぎて画像を見られるのが恥ずかしいです・・・^^;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください