スクラッチ宝くじの期待値はどれくらい?

コスケ
スクラッチ宝くじの期待値ってどの程度なんだろう?

スクラッチ宝くじだけではなく宝くじや競馬、競艇などギャンブルをする時に必ず関わってくるのが期待値です。

でもこの期待値を説明できる人は以外と少ないのではないでしょうか?

私もイマイチよくわかっていません・・・^^;

そこで期待値というものを調べてみました。

宝くじなどギャンブルでよく聞く「期待値」って何?

まずはウィキペディア先生に聞いてみました。

確率論において、期待値(きたいち、英: expected value)または平均は、確率変数の実現値を, 確率の重みで平均した値である。

例えば、ギャンブルでは、掛け金に対して戻ってくる「見込み」の金額をあらわしたものである。ただし、期待値ぴったりに掛け金が戻ることを意味するのではなく、各試行で期待値に等しい掛け金が戻るわけでもない。

ということです!この説明では正直、私は理解できません・・・

でも3行目をしっかり読めば理解できるのではないかと思います。

 「ギャンブルでは、掛け金に対して戻ってくる「見込み」の金額をあらわしたものである。」 

ということす。

わかりやすくするために私が日頃買っているスクラッチ宝くじを例に説明したいと思います。

スポンサーリンク

スクラッチ宝くじの期待値はどれくらい?

今回は現在開催中の「わんにゃんスクラッチ ねこ・ミックス5 ラッキーターゲット」(第763回 全国自治宝くじ)を例に説明していきますね。

当選金 当選数 販売数
1等 300,000円 225本 450万枚
2等 30,000円 1,350本
3等 10,000円 4,500本
4等 5,000円 14,400本
5等 1,000円 90,000本
6等 200円 450,000本

上の表が今回のスクラッチ宝くじの当選金・当選数・販売数をまとめたものになります。

期待値を求める式
期待値=当選金の合計 ÷ 販売金額

という式で期待値は計算できます。

まずは「当選金の合計」を計算します。

当選金

1等 300,000円 225本

2等 30,000円 1350本

3等 10,000円 4500本

4等 5,000円 14400本

5等 1,000円 90000本

6等 200円 450000本

上の数字を合計すると「当選金の合計」は405,000,000円となります。

 

次に「販売金額」の計算をします。

(販売数)4500000本×(販売金額)200円=(販売金額)は900,000,000円となります。

 

2つの数字が出てきたところで期待値を計算してみたいと思います。

 (販売金額)900,000,000円 ÷ (当選金の合計)405,000,000円=(期待値)0.45 

 

 期待値(%)は45% という結果が出てきました!

つまり1枚買うと45%のリターンが期待できるということです。

200円分買うと90円のリターンが期待できる計算になります。

ここで「うん?!」って思った方はするどい!

 

コスケ
ということは損をするじゃないか?

 

そうなんです・・。残念ながらスクラッチ宝くじは基本的には損をするようになっています!

先程のスクラッチ宝くじの場合1枚(200円)買うと110円を損するということになります。

知らなかった方にはちょっとショッキングな結果かもしれません・・・

そこで、気になるのは他のギャンブルの期待値。

ちょっと調べてみましたので見ていきましょう。

色々なギャンブルの期待値ってどれくらい?

色々なギャンブルの期待値

日本の宝くじ全般 約45%

totoなどのスポーツくじ 約50%

競馬 約70%

オートレース 約70%

競輪・競艇 約75%

パチンコ・パチスロ 約85〜90%

カジノ 約95%

という内容になっています。

基本的にギャンブルは運営元があるため買う側は「損をする仕組み」になっています。

当然ですよね。そうじゃないと運営元が潰れてしまいます。

ボランティアじゃなくて商売ですからね。

それにしても宝くじの期待値ってかなり低いんですよねぇ^^;

じゃあ、儲けようと思えば「期待値の高いギャンブルを選べばいいんだ!」となりそうですがそんなに甘いものでもないんです。

上に並べた「宝くじ全般」以外のものは研究が必要なものが多いです。

「宝くじ全般」は売り場で買うことくらいしかやれる事はないのですがその他のギャンブルは過去の傾向やデータを駆使して当選確率を上げていく努力が出来ますし、儲けたいなら必要です。

研究している方も多くいます。

そんな人たちも含めた数字(期待値)ですの素人が簡単に同じ数字(期待値)にするのは困難だということです。

 

コスケ
じゃあ、なんでみんな損するとわかってる宝くじを買うのかなぁ?

 

という疑問が当然湧きます。

これはもうシンプルに「夢を買っている。」という一言につきると思います。

比較的少ない金額で気軽に購入できて、夢のような大金が手に入るかもしれないので買っちゃいますよね。

これだけ低い期待値の宝くじで儲けようと思っている人にアドバイスできることは・・・

大きく当てて、当てた後はもうギャンブルはしないということです!

勝ち逃げするということですね(^^)

でもまず大きく当てるのが困難なんですけどね・・・^^;

本気でお金に困っている人(借金で首がまわらない・生活していくのが困難など)は宝くじはやらないほうがいいです。

基本的には損するようになってますので。

 

コスケ
昔からよく言われるけど、宝くじはお小遣いなどの無くなっても生活に支障の無い範囲で買うってことが大事だね。
スポンサーリンク

スクラッチ宝くじで高額当選を当てるコツ

ここまでスクラッチ宝くじの現実を見てきて暗い気持ちになった方に朗報です!

どうしてスクラッチ宝くじで高額当選(1等・2等)を狙いたい方向けの方法です。

あまりスクラッチ宝くじを購入したことが無い方はご存知ないかもしれないですが、スクラッチは毎回当選金額が変わっています。

1等の当選金額が100万円の時もあれば、50万円、10万円の時もあります。

当選本数も変化しています。

ということは期待値も当然変わってきます。

なので少しでも期待値の高いスクラッチの回を選んで買えばいいですよね(^^)

 

補足
数年前まではスクラッチ宝くじの期待値はコロコロ変わっていたのですが最近は45%で固定されてきているようです。残念・・・

 

宝くじの売上は何に使われているの?

宝くじの期待値が低いことはわかりました。

では宝くじの売上は何に使われているの?

 

コスケ
じゃあ運営元がボロ儲けしてるの?そんなのズルくない??

 

という疑問が浮かびますよね。そこで調べてみました。

内訳はこのようになっているそうです。

 

参照:宝くじ公式サイト

 

結果は決してボロ儲けしているわけではなさそうです。

 

  • 39.6%が都道府県、指定都市に納められ公共事業等に使われる。
  • 1.3%が社会貢献広報費。
  • 12.3%が印刷経費、売りさばき手数料。
  • 46,8%が当選金として支払われる。

 

ということで宝くじを買っている人は公共事業等に寄付している感じなのかもしれません。

もっと詳しく知りたい方は宝くじ公式サイトのこのページを見て下さい。

収益金の使い道と社会貢献広報

詳しい使い道を詳細に書いてあるページもあるので、今まで宝くじに使ってきたお金を

「悔しいなぁ」と思わず、「良いことをしてるんだ!」という気持ちに切り替えられるかもしれませんよ(笑)

少なくとも私はそういう気持ちでスクラッチ宝くじを毎日削っています(^^)

その方が精神衛生上よろしいので(^^)

コスケ
社会貢献してるんだという清々しい気持ちで大金を狙いたいね!

なんか矛盾してるけど(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください